「PODマテリアル活用事例講習会」を受講しました

2017/7/27カテゴリー:社員ブログ

7月25日、プリンタメーカーの方を講師に招き、POD(プリント・オン・デマンド)によるマテリアル活用事例についての講習を受けました。

PODとは、「必要なものを・必要なときに・必要なだけ印刷する」ことを謳った印刷方法の1つです。オフセット印刷に要するさまざまな中間工程を大幅に短縮した、小ロット印刷に適した印刷方法です。現在弊社においても、高精細レーザープリンタや大判インクジェットプリンタといった機器を使用し、さまざまな印刷物を生産しています。

今回の講習では、そのようなPOD機器をさらに活用するため、これまでになかったマテリアル(素材・紙など)について、またそのマテリアルを活かしたアイデア製品について、教えていただきました。既に導入や検討をしているマテリアル・アイデアのほか、「防水素材」「さわり心地が面白い素材」「ホログラム素材」「ポリエステル素材」など、新たに知ることが出来たマテリアルや面白いアイデアが何点かありました。

講習終了後、活用方法や価格についてなど、多くの質問・回答が交わされていました。講習参加者は、さらなるクリエイティブな発想に向けてそれぞれ大いに刺激を受けた様子でした。

今後、新たなアイデアの発案とともに、社内で新しいマテリアルのテスト印刷を随時行い、それぞれのお客様に適した「驚きと感動」を感じていただけるようなご提案を行っていきたいと思います。

マテリアル講習会写真